インプラント

ヒロ歯科クリニックが考えるインプラントのメリット

インプラント治療

インプラントの最大のメリットは、「身体への侵襲を最小限に抑えることができる事」だと当院では考えております。

歯が抜けた時の治療方法には、インプラント以外に、ブリッジと入れ歯があります。しかし、そのどちらも治療をするために残った健康な歯を削らなければなりません (入れ歯は削らなくて良いケースもあります)。

現在の歯科治療では、ミニマルインターベンション(MI)と言って、なるべく健康な歯を残す治療方針が主流になっています。 なぜなら、健康な歯を削ると、そこからむし歯に侵されたりする可能性があるからです。

インプラントを使えば、歯が抜けた時に他の歯への侵襲を最小限に抑えることができるのです。
この考え方を、当院では「MI(最小限介入)インプラント」と呼んでいます。

さらに、インプラントは、一旦治療が終了すれば、普段のお手入れは通常の歯みがきのみです。
旅行の時も、夜はずして薬液に漬けるといった煩わしさがありません。

侵襲を最小限に抑える事が、結果、普段お口の中を気にすることなく豊かな日常生活を迎えられる事に繋がってきます。

ただし、お口の中の状態によって最善の治療法が異なります。
歯を失ってお困りの方や、抜歯を宣告されてお悩みの方など、お気軽にご相談ください。

ヒロ歯科クリニックのインプラント治療の特徴

インプラント専門医が対応

インプラントの専門医

外科手術を伴うインプラント治療だからこそ、当院では日本口腔インプラント学会所属、インプラント専門医の資格を持つ院長が直接治療します。

マイクロスコープを利用した精密なインプラント

マイクロスコープ

細かい処置を行う際は、マイクロスコープを使用しています。できる限り術野を拡大することで、治療の精度を高めることができます。

ショートインプラントが可能

ショートインプラント

当院はショートインプラントにも対応しています。「骨幅が十分にあること」「初期固定を得るため、皮質骨を含めた骨質の値が基準値以上あること」が条件となりますが、低侵襲のオペには欠かせないものとなっています。骨の高さだけが足りない場合は、ショートインプラントの活用で骨造成を必要としないケースも増えてきました。
症例に合わせていろいろなバリエーションをご提案しておりますので、他院でインプラントを断られた方も一度ご相談ください。

CT・ガイドサージェリーを利用した安心な治療

歯科用CT

骨の厚みが5mmよりも薄い場合や歯の欠損が多い症例には「上顎洞挙上術(サイナスリフト)」、骨がない場合(6mm以下)に骨を他の部位から移植する症例には「ショートインプラント」などで対応いたします。
また、3Dによる診断を正確に口腔内で再現させる「サージカルガイド」を使用した埋入術式(ガイドサージェーリー)やCT、マイクロスコープなどを使用し、精密な診査診断及び正確な埋入角度を保つことができます。
難病例にも再現性の高い、安心なインプラント治療を行うことができます。

インプラントが特に有用なケース

ヒロ歯科クリニックでは、以下の3つケースにおいては、特にインプラント治療が有用であると考えております。

奥歯が抜けた時

歯をこれ以上失わない「予防的インプラント」

予防的インプラント

奥歯がなくなった時にブリッジで治療することを考えてみましょう。ブリッジは、抜けた箇所の両隣の歯を支えにするため、その支えになった歯には負担がかかり、抜けやすくなります。 そうすると、さらにそこもブリッジにして、隣の歯を支えにして、さらに負担がかかって・・・という連鎖が起きて、総入れ歯に繋がることがあるのです。

そこで、最初の1本が抜けた時にインプラントで治療してしまい、他の歯に負担をかけないようにすると、それ以上歯を失うのを食い止めることができます。この考え方を当院の院長が「予防的インプラント」と名付けました。
特に、第一大臼歯(6歳臼歯)と呼ばれる歯が抜けた時は、この「予防的インプラント」は非常に有用であると考えております。 歯が抜けた時、「これ以上歯を失わないためのインプラント」があることも知っていただければと思います。

犬歯の隣の歯が抜けた時

「ブリッジ・入れ歯よりインプラント」

犬歯の隣の歯が抜けた時

犬歯は歯の中で最も長く、噛み合わせ全体に大きく影響しています。 そのため、犬歯はなるべく長く残しておきたいと考えています。
もし犬歯の隣の歯が抜けた時は、犬歯を削って負担をかける治療法を避けるために、インプラントをお勧めしています。

義歯の欠点を補う

「インプラントオーバーデンチャー」

インプラントオーバーデンチャー

総入れ歯は、装置と口の中の粘膜との密着で固定しますが、やはり固いものは食べづらかったりズレたりする傾向があります。
そこで、インプラントを数箇所埋め込み、これを支えにして総入れ歯を装着します。 これを「インプラントオーバーデンチャー」と呼んでいます。
インプラントオーバーデンチャーにすれば、入れ歯の使い易さ、耐久度など含め、安定感が飛躍的に増すことになるでしょう。

インプラントはあくまで治療の選択肢の一つ

インプラントは、顎の骨に人工の歯の根っこ(人工歯根)を埋め込んで、その上に人工歯を被せる治療法です。
しっかりと噛める、他の歯を削らなくて良いなど、確かにインプラントには様々なメリットがありますが、常にベストな選択とは限りません。

当院では、インプラントはあくまでも一つの治療の選択肢だと考えており、口の中全体のことや、将来、口の中で起きうるであろうことを考えて、ベストな治療方法を提案するようにしています。

インプラント治療をご希望の方、当院のホームページにたどり着くまで色々なサイトでインプラントについての情報を得られた方が多いと思います。
そのようなサイトでは、義歯(入れ歯)は問題外の方法で、ブリッジは歯を削るのでインプラントがベストだという紹介のところがほとんどではないでしょうか?

本サイトでも、有効なケースを挙げていますが、歯を失ったといっても患者さんそれぞれ状況が異なります。
歯をなくした場合の治療オプションとして、インプラント、ブリッジ、義歯(入れ歯)がありますが、それぞれのメリットがあります。
総合的に判断して最善な方法を選択するべきと考えます。

歯がなくなったらすべてインプラントで治療するという歯科医院は要注意だと思います。

本サイトをご確認いただき、インプラントがホントにベストな治療かどうか・他にも方法があるのでは無いか?など、ご自身でご判断出来ないという方はお気軽にご相談ください。
症例や診療内容などインプラントについてブログを随時アップしています!
ヒロ歯科クリニックのインプラント治療をもっと詳しく知りたい。という方は是非ご覧ください。

インプラントブログはこちら >>

足立区で「納得・最善の歯科治療」をお求めの方は
ヒロ歯科クリニックまでお問い合わせください。

保険診療から自費診療、治療後のメンテナンスまで。お口の健康を通して豊かな生活をサポートいたします。